上田信用金庫カードローンの商品内容

上田信用金庫

長野県には6つの信用金庫がありますが、一番規模の小さいのが上田市にある上田信用金庫です。ただ、自己資本比率が17%以上あるため、安定した経営になっています。上田信用金庫には4種類のカードローンがあります。

 

しんきんカードローン

利用限度額は10万円単位で50万円まで5コースがあり、金利は14.6%とほぼ都市銀行カードローン並みです。借入はATMから行いますが、上田信用金庫の他、銀行や労働金庫など提携している金融機関のATMが利用できます。

 

返済には約定返済が無く、利用者が任意の日に任意の金額を口座に入金する随時返済になっています。ただし、利息だけは3月と9月に口座から引き落とされます。

 

らく太郎ワイド・暖

利用するには勤続2年以上(個人事業主は営業3年以上)が条件で、利用限度額は30・50・70・100・150・200・300万円の7コースがあります。金利は利用限度額が30〜70万円コースは13.6%、100〜300万円コースは8.6%であるため、200万円コースまでは都市銀行カードローンの金利より低く、特に、100・150万円コースは格段にお得です。ただし、300万円コースは割高になります。

 

借り入れ方法は「しんきんカードローン」と同じですが、返済については毎月10日に約定返済額が上田信用金庫口座から引き落とされます。

 

なお、約定返済額は返済日前日の借入残高によって決まるため、借入残高次第で変動します。借入残高が50万円以下の時の約定返済額は1万円、50万円超100万円以下では2万円、100万円超200万円以下では3万円、200万円超300万円では4万円です。

 

きゃっする500

パート・アルバイト、専業主婦は借入可能ですが、年金生活者は利用できません。利用限度額は10万円単位で500万円まであり、専業主婦は50万円が上限になります。金利は利用限度額が200万円まで14.5%、210〜400万円では9.8%、410〜500万円では5.5%と、都市銀行カードローンより高くなっているため、「らく太郎ワイド・暖」を利用した方が賢明です。

 

借入・返済方法は「らく太郎ワイド・暖」と同様であり、約定返済額も変わりません。限度額500万円はかーどろーんの中ではそこまで高くはありません。オリックス銀行カードローンなどは限度額800万円になっていますので、高い限度額を望むようならネットバンクもおすすめです。

 

教育カードローン

専門学校や大学に入学・就学中の子どもを持つ親を対象としており、利用するには勤続2年以上が必要です。利用限度額は50万円から300万円まで10万円単位で設定されますが、年収の50%が上限になっています。

 

金利は6.5%と教育カードローンにしては高めです。カードローン(当座貸越)の期間は最長4年8カ月であり、その間の元金の返済は据え置かれ、返済専用の証書貸付に切り替わった後、最長7年で元金を返済します。

 

上田信用金庫カードローン公式サイトはこちら