米子信用金庫カードローンの金利や限度額はどうなの?

鳥取県には3つの信用金庫がありますが、一番大きいのが米子市にある米子信用金庫です。

 

ただ、一番大きいとは言っても預金総額は2千億円に満たず、全国的な規模で言うと、下位クラスにランクされます。米子信用金庫には6種類のカードローンがあります。

 

楽円くん

利用限度額は30万円と50万円の2コースのみであり、パート・アルバイト、専業主婦は30万円コースが利用できます。金利は両コースとも14.6%で、都市銀行のカードローンと同等になっています。

 

借入はATMから行い、返済は利用者が任意の日に任意の金額を口座に入金する随時返済です。なお、利息は3月と9月に口座から引き落とされます。

 

米子信金カードローン

利用限度額は10・30・50・100万円の4コースになっており、50万円コースまでは安定収入が条件にないため、パート・アルバイト、専業主婦でも利用できます。

 

なお、インターネットから申込む場合は50万円コースが上限になります。金利は50万円コースまでが14.6%で、100万円コースは14.5%であり、ともに都市銀行のカードローン並みです。

 

借入は「楽円くん」同様ATMから行いますが、返済に関しては定額返済になっており、約定返済額が毎月10日に米子信用金庫口座から引き落とされます。

 

約定返済額は利用限度額コースごとに決まっており、10万円コースは5千円、30万円コースは1万円、50万円コースは1万5千円、100万円コースは2万円です。利息については返済日に借入残高に組み込まれます。なお、約定返済の他に、任意返済としてATMからの入金もできます。

 

ところで、米子信金カードローンには「随時返済型」もあり、任意の日に任意の金額を返済することができます。

 

随時返済型の定額返済型と違うところは100万円コースが無く、金利は14.5%と定額返済型より0.1%低くなっていますのでお金借りる金利安いカードローンになっています。そして、利息が3月と9月の口座からの引き落としになっています。

 

きゃっする300

利用限度額は300万円まで10万円単位であり、専業主婦は50万円が上限です。金利は利用限度額が100万円以下の場合に14.6%、110万円以上200万円以下では12.0%、210万円以上300万円以下では9.8%となっており、ほぼ都市銀行カードローンと変わりません。

 

借入・返済方法は「米子信金カードローン」と同じですが、約定返済額は返済日前日の借入残高によって決まるため、借入残高次第で金額が変わります。

 

借入残高が50万円以下の時の約定返済額は1万円、50万円超70万円以下では1万5千円、70万円超100万円以下では2万円になっており、以降、借入残高が50万円増えるごとに約定返済額が5千円ずつアップします。